「馬城山(まきさん)伝乗寺(でんじょうじ)」

鏡子さんがつぶやく。
それは、かつて大伽藍を誇った寺院の名前だ。

あっという間だった。摩崖仏を出発した車は、もう真木大堂(まき-おおどう)の駐車場に滑り込んだ。

特別な仏像たちに会える場所だ。
国宝級の仏像がこんなに集中しているのは、京都以外ではここだけ。

そんな基礎知識がなくても、像の偉容に圧倒されてしまう。

「わかるかな、ガルーダがいる」

はい。迦樓羅(かるら)ですね。

インドのエアラインの名前になっている「火の鳥」だ。
不動明王の背後の火焔の中に、隠し絵のようにいる。
────────

- 無料レンタルホムペ桃 -